福島県立医科大学医学部 災害こころの医学講座

福島県立医科大学医学部 災害こころの医学講座は、2013年10月1日に開設されました。当講座はその名が示すように、災害が人のこころにどのような影響を及ぼすのか、そして被災者に対してどのような精神保健上のケアや治療が必要となるのか、それを考え、検証し、実施・提言するという役割を担っています。


お知らせ

「新型コロナウイルス流行時の心のケア」について

(第1報:2020年4月24日,第2報:5月13日,第3報:5月28日,第4報:8月8日)

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的な流行となり、日本のみならず世界中の人々の不安が増大しています。このような不安に対し、適切な準備と対応を行うためのブリーフィング・ノートとして「新型コロナウイルス流行時の心のケア」が機関間常設委員会 (IASC) から公表されました。このブリーフィング・ノートは各国語に翻訳され、IASCのホームページに公表されていますが、その日本語版は、IASCの許可を得て、災害こころの医学講座が中心となり翻訳し、作成したものです。また、多くの方にわかりやすくお使い頂けるように、ブリーフィング・ノートを項目別に9つのパワーポイント形式にし、まとめたものを作成いたしました。大変充実した内容ですので、必要に応じてダウンロードしてお使い下さい。(2020年4月24日)※IASCのHPはこちら

ダウンロード
COVID-19 MHPSS1.5_ブリーフィングノート版.pdf
PDFファイル 2.2 MB
ダウンロード
COVID-19 MHPSS_パワーポイント版.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 9.6 MB

IASCの資料をもとに、病院・医療施設で働くスタッフ向けのリーフレットを作成しました。相談窓口の欄には、その病院・施設の相談窓口となる連絡先をご記入頂き、どうぞご活用下さい。(2020年5月13日)

ダウンロード
病院および医療施設のスタッフ向けリーフレット.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 1.9 MB

当講座の瀬藤准教授らが、感染症流行下で大切な人を亡くされた方の支援に役立つように3つのリーフレットを作成しました。下記からダウンロードが可能です。(2020年5月28日)

ダウンロード
大切な人を亡くされた方を支えるために:リーフレット.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 2.1 MB

IASCの許可を得て、前田教授・瀬藤准教授・小林助教が監修し、こころのケアスキルに関する新型コロナ感染症の対応者ガイドを翻訳しました。(2020年8月8日)※IASCのHPはこちら

ダウンロード
Basic Psychosocial Skills- A Guide for C
PDFファイル 9.3 MB

2020年8月7日

 

 

2020年7月20日

 

2020年6月16日

 

 

2020年6月2日

2020年4月16日

2020年2月18日

 

2020年2月4日

 

 

2020年2月3日

 

 

2020年1月6日

 

2019年11月3日

 

2019年10月8日

 

 

 

 

2019年9月30日

2019年9月29日

2019年9月5日

 

2019年8月22日

 

2019年8月8日

 

  

2019年8月6日

 

 

 

2019年7月22日

2019年7月21日

 

2019年4月18日

2019年4月12日

2019年3月11日

 

2019年2月19日

 

 

2019年2月5日

 

2018年8月23日

 

 

2018年7月1日

2018年5月29日

 

2018年5月10日

 

 

2018年5月10日

2017年2月23日 

 

2017年1月9日 

「コンダクター型災害保健医療人材の養成プログラム」の一環で、10月17日(土)

10時~12時に、瀬藤准教授が「新型コロナウイルス流行下のマインドフルネス

(講義と実技)」のウェビナーを開催いたします。お申込み方法など詳細はこちら

前田正治教授・桃井真帆准教授編集「アウトリーチ型電話支援の試み(電子書籍)」

出版されました。詳細はこちら

「コンダクター型災害保健医療人材の養成プログラム」の一環で、7月18日(土)

13時~15時に、前田教授が「コロナ感染流行下のメンタルヘルスケア:国連ケアマニュアルの解説」のウェビナーを開催いたします。お申込み方法など詳細はこちら

スタッフページ、実践活動ページ、研究活動ページを更新しました。

実践活動ページと研究活動ページを更新しました。

佐藤秀樹助手が、第31回福島県精神医学会学術大会で熊代賞最優秀賞(メディカル

スタッフ部門)を受賞しました。

2月4日 福島県立医科大学にて、大規模災害後のメンタルヘルスケアに関して

世界的な研究者であるDouglas W. WALKER 先生(Chief Programs Director,

Mercy Family Center)をお招きし、講座主催の講演会を行いました。詳細はこちら

2月2日~3日 ザ・セレクトン福島にて、前田正治教授と瀬藤乃理子准教授が、

第2回放射線医学県民健康管理センター国際シンポジウムに登壇されました。

詳細はこちら

佐藤秀樹助手が、日本健康心理学会第32回大会で大会優秀発表賞(若手奨励部門)を

受賞しました。詳細はこちら

前田正治教授編「こころの科学2019年11月号(208号):特別企画 トラウマ臨床の明日」

が出版されました。詳細はこちら

東北大と福島医大が共同で行っている「コンダクター型災害保健医療人材の

養成プログラム」の一環で、11月23日(土)10時~15時 福島医大にて、

兵庫県こころのケアセンター 大澤智子先生による心理的応急処置(PFA)の

実習と講義が開催されます。どなたでも参加可能ですのでぜひご参加ください。

お申込み方法など詳細はこちら。本プログラムのその他の日程等はこちら

研究活動ページを更新しました。

実践活動ページを更新しました。

11月9日(土)10時~16時 福島大学にて、「あいまいな喪失」事例検討会が

開催されます。お申し込み方法など詳細はこちら 

8月21日 いわき産業創造館にて、前田正治教授がふくしま心のケアセンター市民公開講座

「トラウマと心の成長」で講演されました。詳細はこちら

下記のシンポジウムに関する記事が福島民友(8月4日2面)、

毎日新聞(8月4日21面 詳細はこちら)、朝日新聞(8月8日23面 詳細はこちら

に掲載されました。

8月3日 コラッセふくしまにて、前田正治教授・後藤紗織特命准教授・

桃井真帆特命准教授が、福島大学・福島医大・福島医学会の共催シンポジウム

「福島の子どものメンタルヘルス:子どもと子育て世代への支援システムの構築

ついて」に登壇されました。詳細はこちら

瀬藤乃理子准教授に関する記事が、岩手日報に掲載されました。詳細はこちらこちら

前田正治教授の執筆した記事が、朝日新聞社の言論サイト「論座」に掲載されました。

詳細はこちら

実践活動ページとスタッフページを更新しました。
スタッフページを更新しました。
瀬藤乃理子准教授編集「あいまいな喪失と家族のレジリエンス:災害支援の新しい

アプローチ」が出版されました。詳細はこちら
瀬藤乃理子准教授が、第30回福島県精神医学会学術大会にて「災害時の女性支援者

特有のストレス」について発表し、熊代賞最優秀賞(メディカルスタッフ部門)を

受賞しました。
2月18日に、北海道医療大学 冨家直明先生をお招きし、講座主催講演会

「被災地における遠隔支援」を開催しました。詳細はこちら
9月18~19日に、瀬藤乃理子准教授がふくしま心のケアセンター支援者向けストレスケア

研修会にて「燃え尽きないためのストレスケア:マインドフルネスの活用と実践」

特別講演を行いました。詳細はこちら
研究活動ページと実践活動ページを更新しました。
前田正治教授編集「福島原発事故がもたらしたもの:被災地のメンタルヘルス

何が起きているのか」が出版されました。詳細はこちら
6月23日、第21回臨床パストラルケア研究会(仙台市福祉プラザ)にて 、

瀬藤乃理子准教授が「あいまいな喪失の理解とその支援:喪失の中にある家族支える

視点」の教育講演を行いました。詳細はこちら
リンクページとスタッフページを更新しました。
郡山市音楽・文化交流館(ミューカルがくと館)にて、前田正治教授がふくしま心のケアセンター

シンポジウムのコーディネーターをされました。詳細はこちら
前田正治教授がテレビ出演されました。(NHK:シリーズ東日本大震災 それでも、

生きようとした:原発事故から5年・福島からの報告



ご挨拶

実践活動

研究活動


スタッフ

お問い合わせ

リンク