福島県立医科大学医学部災害こころの医学講座

  福島県立医科大学医学部・災害こころの医学講座は、2013年10月1日に開設されました。当講座はその名が示すように、災害が人のこころにどのような影響を及ぼすのか、そして被災者に対してどのような精神保健上のケアや治療が必要となるのか、それを考え、検証し、実施・提言するという役割を担っています。  >  実践活動の詳細

 

お知らせ

  • 2019年4月18日 実践活動ページとスタッフページを更新しました
  • 2019年4月12日 スタッフページを更新しました
  • 2019年3月11日 瀬藤乃理子准教授編集
  •         「あいまいな喪失と家族のレジリエンス
  •          ~災害支援の新しいアプローチ~」
  •         が出版されました。詳細はこちら
  • 2019年2月17日 瀬藤乃理子准教授が、第30回福島県精神医学会学術大会にて、
  •         「災害時の女性支援者特有のストレス」について発表し、
  •         熊代賞最優秀賞(メディカルスタッフ部門)を受賞しました!
  •         おめでとうございます!
  • 2019年2月5日  2月18日14時〜16時に、
  •          北海道医療大学冨家直明先生を講師にお招きし、
  •          講座主催講演会「被災地における遠隔支援」を開催しました。
  •          詳細はこちら
  • 2018年10月18日 瀬藤乃理子准教授の執筆した論文が
  •          BioPsychoSocial Medicineに掲載されました!詳細はこちら
  • 2018年8月23日 9月18日、19日に、瀬藤乃理子准教授が
  •         ふくしま心のケアセンター支援者向けストレスケア研修会にて
  •         「燃え尽きないためのストレスケア
  •          〜マインドフルネスの活用と実践〜」
  •         の特別公演を行いました。詳細はこちら
  • 2018年7月1日  研究活動ページを更新しました
  • 2018年7月1日  実践活動ページを更新しました
  • 2018年5月29日 前田正治教授編集
  •         「福島原発事故がもたらしたもの:
  •          被災地のメンタルヘルスに何が起きているのか」
  •         が出版されました。詳細はこちら
  • 2018年5月10日 6月23日、瀬藤乃理子准教授が、
  •         第21回臨床パストラルケア研究会(仙台市福祉プラザ)にて 
  •         「あいまいな喪失の理解とその支援
  •          ~喪失の中にある家族を支える視点~」
  •         の教育講演を行いました。詳細はこちら
  • 2018年5月10日 リンクページを更新しました
  • 2018年5月10日 スタッフページを更新しました
  • 2017年2月23日 郡山市音楽・文化交流館(ミューカルがくと館)にて、
  •         前田正治教授が、ふくしま心のケアセンターシンポジウムの
  •         コーディネーターをしました。詳細はこちら
  • 2017年1月9日  前田正治教授が、テレビ出演しました。

    (NHK 22時~22時49分 
     シリーズ東日本大震災それでも、生きようとした~原発事故から5年・福島からの報告~

  • 2017年1月20日 常磐大学(茨城県水戸市)にて,中島聡美特命准教授が、
  •                         講演会「災害による喪失と悲嘆へのケア」で講師をしました。

ご挨拶



実践活動



研究活動




主任教授プロフィール


スタッフ


お問い合わせ